2021. 11. 5
断捨離
今年の夏は昨年に引き続きコロナ禍で帰省もできず、イベントもなく、大勢で集まって遊ぶこともできず、それではということで自宅の自室とガレージの大掃除をしました。
時々整理はしていたので、それほど大したことなく、模様替え程度の気持ちではじめたら、いらないものが出るわ出るわ。
使わないけれど捨てるには惜しい物、いつか使うかもしれないから取っておいた物、とりあえず取ってあった物が押し込まれていました。
ケチケチ物を取っておく私ですが、今回は思い切って捨てました。
サイズが変わってしまった服、好きでいつの間にか集まった映画のDVD、カゴいっぱいの老眼鏡、収納に便利なプラケース、バーベキューにハマっていた時のテント、テーブル、イス、グリル。
自転車やバイクの部品、子どもたちが残していった棚。
燃えるゴミ一山。
燃えないゴミ一山。
プラ製品一山。
粗大ゴミ大きく二山。
ゴミ捨てに明け暮れた休みでしたが、部屋もガレージも素晴らしくスッキリしました。
そして、私の身体もスッキリしました。
3kgは痩せました。
休みの間、どっかり座って呑んだくれたりせず、汗をかきかき身体を動かしたおかげです。
年末の大掃除より効果があったかもです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2021. 10. 15
グリーングリーン
みなさん、お気づきでしょうか?
昨年から院内の観葉植物が増えていることに。
ねじねじパキラとポトスからはじまって、サボテン、多肉植物など、現在7点程あります。
開院当初から何かしら植物をいただいては育てていたのですが、上手く育たなかったり、枯れてしまっていました。
植物を置くのはダメかなと思っていたのですが、ある時、治療院のようなところは、みんなの悪い気が溜まりやすいので、植物が代わりに悪い気を吸い取って枯れるといった話を聞きました。
真偽のほどはわからなくとも、院内の悪い気を吸い取ってくれているならありがたいことです。
そこで早速、ねじねじパキラとポトスを置いてみました。
当初は青々と育っていましたが、少しずつねじねじパキラが弱ってきて、今は院外に出して様子を見ています。
5本の木で捻ってあったのですが…、3本がダメになって、残り2本になっています。
果たして話の通り悪い気を吸い取ってくれたせいなのか、院長の剪定が悪かっただけなのか…。
どうなんでしょう?
ちなみに、サボテンも1鉢腐って倒れてしまいました。
これも悪いモノを出して、これから良くなっていく証として、前向きに捉えたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2021. 9. 3
ウォーキング
コロナ禍でも、ウォーキングやジョギング、サイクリングなど、感染リスクの低そうなスポーツを楽しんでいる方が数多くみられます。
屋外でのスポーツは密を避けられますからおすすめです。
しかし最近になって、ジョギングをしている方が、関節や膝、ふくらはぎや腿など、脚をケガして来院されることが目立って増えています。
ジョギングをしている方は、毎日走ることが習慣づいているためか、走らないと落ち着かないようですが、ケガの種類によっては、走ることを少しお休みして治すことに専念して欲しいケースがあります。
しかし、それでも何かしら身体を動かしたいという方には、ウォーキングをおすすめすることにしています。
痛めた部位や程度によって、安静にしなければならないケガもありますが、走ると痛みが出る人でもウォーキングなら大丈夫な場合があります。
走ることは=筋力アップになり、歩くことは=不調を改善する効果が期待できるからです。
ケガの程度や治療の経過を観察しながら、走ることを中止したり、走る距離を調節、一時的にジョギングをウォーキングに変えるなど、状態に応じて対応を行っておりますので、ケガでお困りでしたら、一度ご相談ください。
2021. 11. 5
セルライトをご存知ですか?
女性は「あの見た目の悪いヤツでしょ」とご存知かと思いますが、セルライトは実は見た目だけが問題ではないのです(>_<)。

セルライトは、血液やリンパの滞りにより排出できなかった老廃物や余分な水分が脂肪細胞と結合して肥大化したものです。
いわゆる脂肪の塊で、このセルライトがあると循環が悪くなり、代謝の低下につながってしまうのです。

特にこれからの冬場は、冷えた身体が更に冷え、さまざまな不調を招いてしまう可能性があります。

セルライトを放っておいてはいけません!

と言うことで、今月の健康新聞では「整骨院でのセルライト対処法」についてまとめました。

健康新聞は院内でお配りしています!

━━━━━━━━━━━
2021. 10. 15
筋膜をご存知ですか?
筋膜とは皮膚と筋肉の間にある薄膜のことです。
筋膜には全身タイツのように身体を覆ってスムーズな動作を支えている膜(浅筋膜、深筋膜)と、内臓や筋肉などがバラバラにならないようにパックしている膜(筋外膜、筋周膜、筋内膜)があります。
そして、この筋膜が癒着やねじれたりして均衡が崩れると腰痛や肩こりの原因なることがあるのです。

例えば、左足で発生した筋膜のねじれが、肩痛の原因だったりします。
また、筋肉痛だと思ったら、筋膜の癒着ということもありますので、気になる方は早めにお近くの整骨院へご相談くださいね。

今月の健康新聞では自分でできる筋膜のケア、ワンポイント筋膜リリースについてまとめました。
院内でお配りしています!

YouTube動画もあります!
ぜひご覧ください(^^♪
『腰痛改善 ワンポイント筋膜リリース』

チャンネル登録もお願いします☆

━━━━━━━━━━━
2021. 9. 3
「腰が痛い」「肩がこる」といったお悩みはありませんか?
それはリモートワークによる不良姿勢で腸腰筋が衰えてしまったからかもしれません。

腸腰筋とは、背骨から大腿骨に向かって伸びている体幹と脚をつなぐ唯一の筋肉(インナーマッスル)です。

身体の負担を減らす座り方やストレッチをすることで改善が可能です!
そこで、今月の健康新聞では正しい座り方やご自宅で一人でできるストレッチについてまとめました。
院内でお配りしています!

YouTube動画もあります!
ぜひご覧ください(^^♪
『骨盤を立てろ! 腸腰筋ストレッチ』

チャンネル登録もお願いします☆



交通事故の施術も行っています

ニコニコ整骨院では、交通事故による怪我や後遺症の施術も行っています。
ムチウチや手足のしびれ、腰痛、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気など、例え軽い症状でも 気になる方はご相談ください。
交通事故は治療が長引く傾向が強く、また、数日後~数ヵ月後に症状が出ることも あります。
後遺症が残らないためにも、痛みなどの症状を感じたら早めの治療をお勧めします。
ご不明な点がございましたら、お問合せページからメールをいただくか、03-5698-3170 までお電話ください。