2022. 6. 1
手軽なトレーニング
座っていて無意識にやってしまう、貧乏ゆすり。
経験のある人も多いのではないでしょうか。
行儀が悪いと注意されるので、あまり見かけることもないように思います。
しかし、健康面から考えるとマイナス面よりプラス面のほうが多く、最近ちょくちょくその名を聞くことがあります。
貧乏ゆすりのプラス面とは何でしょうか?
ひとつは、血行の促進です。
ふくらはぎは第二の心臓に例えられるように、血液を心臓に送り返すポンプのような働きをします。
貧乏ゆすりで筋肉を動かすと血流の促進につながります。
さらに、ふくらはぎの血行が良くなると、多くの女性がお悩みの脚のむくみの改善にもなります。
さらに股関節の痛みや動きを良くするためにも、貧乏ゆすりの効果が期待できます。
また、骨の新生には、立った状態でかかとをトントン上下に動かすと良いそうですが、貧乏ゆすりはそれを着座状態で行っている形なので、軟骨にも何かしらの刺激と効果が得られるかもしれないそうです。
周りからは落ち着きがなく不快に見えそうな貧乏ゆすりですが、周囲に迷惑をかけない場面なら立派なトレーニングとして行える運動です。
詳しい動作の仕方についてはお気軽にお尋ねください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2022. 5. 1
そんな時こそ
ここ数年、コロナ禍で開催されなかったスポーツ大会も徐々に再開の動きに向かっています。
運動会や体育祭の練習、大きなスポーツ大会に向けての練習や予選会など、学生のケガの増加が懸念されます。
急に身体を動かしたり、無理を重ねたためのケガなどです。
本番直前の大ケガも珍しくありません。
ここさえ乗りきればとか、ガマンできる痛みだからとは思わず、そういう時こそ、早め早めに身体のケアをしてください。
忙しい時、大事を控えている時こそ、予防が大切なんです。
急がば回れですね。
急いでいる時こそ近道をせずに、ひと手間かけても確実に物事が進む選択をしたほうが、結局は上手くいくのです。
練習が忙しくても、どうか時間をつくってケアをしてください。
一番大切な試合にケガで出られない。
無理をした結果、思っていたほどのパフォーマンスを発揮できなかったら、後悔はさらに大きいと思います。
「明日大事な試合だから、この捻挫をなんとかして」…、できる限り何とかしますよ。
でも、ベストなパフォーマンスは出せないでしょう。
その試合で、あなたの一生は終わりません。
練習が忙しい時こそ、身体のケアも大切に。
それが、みんなの幸せにつながります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2022. 4. 1

私は卵が大好きです。
ほぼ毎日食べています。
味噌汁に卵、うどんに卵、牛丼に卵。
ゆで卵があれば、あっただけ食べてしまいます。(いつも怒られます…)
卵は低糖質、高タンパクでダイエットや筋トレ中にもおすすめです。
ビタミンやミネラルも豊富なバランス食品です。
ゆで卵は、水から茹ではじめます。
沸騰して6分で黄身がトロトロ半熟卵。
8分で半熟卵。
12分で固ゆで卵のできあがりです。
沸騰して火を止めたお湯に卵を入れて15分おけば温泉卵になります。
ちなみに、温泉卵は振ってから割ると白身がきれいに取れるらしいです。
ぜひ本当かどうか試してみてください。
私のお気に入りの食べ方は、ゆで卵ご飯です。
あったかいご飯に、ゆで卵をコロッと入れます。
マヨネーズとチョロっとしょう油を入れてかき混ぜます。
卵サンドの中身をご飯に入れた感じです。
この食べ方を知ってからは、ゆで卵があると必ずそうして食べています。
おいしいですよ。
ちなみに卵かけご飯の時は、あったかいご飯に白身だけを先に入れてかき混ぜます。
その後に黄身を混ぜてしょう油をチョロっと入れて完成です。
ふわふわの卵かけご飯のできあがりです。
さて、今日はどうやって卵を食べようかな?
2022. 6. 1
梅雨病で悩んでいませんか?
梅雨の時期はどうも調子が悪い・・・と言うこはありませんか?
それは梅雨病かもしれません。

梅雨病(気象病)は、気圧や湿度、温度などの変化が引き起こす不調です。
梅雨時は大気が低気圧に覆われると、その影響で身体では内圧が高まり、膨張した状態となって、むくみや頭痛、のぼせなどを発生させます。
雨の日に感じる頭重感、メガネが窮屈に感じるのも、気のせいではないのです。

天候のすぐれない梅雨は、日光を浴びることで得られる自律神経の調整に欠かせないホルモン(セロトニン)が不足して、不眠や倦怠感の原因にもなります。
イライラや集中力が続かないといったメンタル面の不調も自律神経が大きく関係しています。

そんなときにオススメなのが炭酸ヘッドスパです。
当院の炭酸ヘッドスパは、身体の仕組みを熟知した国家資格保持者が開発した施術です。
硬くなった頭を柔軟にして脳脊髄液の循環を促進。
東洋医学に裏付けられた手技は、頭皮をほぐすだけの癒しではなく、お悩みにしっかり届く、症状改善型のケアなのです。

この炭酸ヘッドスパをご紹介するYouTube動画があります!
ぜひご覧ください(^^♪

『炭酸ヘッドスパ テクニック大公開』

チャンネル登録もお願いします☆

━━━━━━━━━━━
2022. 5. 1
整骨院の『炭酸ヘッドスパ』はガチです!!
整骨院の「炭酸ヘッドスパ」は、頭蓋骨のゆがみを整えることで脳脊髄液の循環を促し、治癒力を高めるケアです。
日頃、捻挫や骨折の治療をしている国家資格保持者の“手技”がベースなので、“癒し”だけではありません。

身体は、肺呼吸(二次呼吸)のほかに頭蓋骨による呼吸(一次呼吸)をしています。
複数の骨で構成された頭蓋骨のつなぎ目(縫合)が、弛緩収縮をしながら脳圧を調整して脳脊髄液を循環しています。
整骨院の「炭酸ヘッドスパ」は、一次呼吸を整え、自律神経系・中枢神経系・運動神経系に作用し、自己調整力・自己治癒力・免疫抵抗力を高めます。

そして、頭には身体の各器官に関わる反射区(ツボ)が多数存在しています。
整骨院ではただ頭皮をもみほぐすだけでなく、東洋医学の知見に裏付けられた手技で頭にある反射区の効果を上手に引き出します。
その結果、深いリラクゼーションと血行促進、自律神経を安定に導く、症状改善型のサポートケアをご提供できるのです。

この炭酸ヘッドスパをご紹介するYouTube動画があります!
ぜひご覧ください(^^♪

『炭酸ヘッドスパ テクニック大公開』

チャンネル登録もお願いします☆

━━━━━━━━━━━
2022. 4. 1
ぎっくり腰と計画治療

4月は入学や卒業、入社など変化の時期ですよね。
そして、気候も暖かくなり活動的になっていきます。

このような環境や行動の変化が起こることで、4月はぎっくり腰に悩まれる方が増える時期でもありますのでお気を付けくださいね。

もしもぎっくり腰になってしまった場合は、患部を冷やし楽な姿勢で安静にしてください。
腰は揉んだりせず、早めに来院してください!

ちなみに、当院では計画治療に基づき、ぎっくり腰の施術を行っています。
身体の状態に合わせて適切な施術を行うことが再発防止に繋がります。

<計画治療の流れ>
1.安静の時期
痛めた場所では炎症(出血)が発生!
一刻も早く抑えましょう

2.日常生活回復の時期
出血や腫れが治まったら普段通り動けるようにサポート開始!
※再受傷する方のほとんどがここで治療をやめてしまうのです(>_<)

3.リハビリの時期
痛めた場所の瘢痕(カサブタ)を剥がします

4.運動開始の時期
動きが悪くなった筋肉や関節を少しずつ強化します

5.パフォーマンス向上の時期
痛める前と同じあるいはそれ以上の身体に仕上げていきます

6.治癒

今月の健康新聞はこの計画治療についてイラスト入りでまとめました。
健康新聞は院内でお配りしています!

また、ぎっくり腰に関するYouTube動画もあります!
ぜひご覧ください(^^♪

『実は怖い、、ぎっくり腰』

チャンネル登録もお願いします☆



交通事故の施術も行っています

ニコニコ整骨院では、交通事故による怪我や後遺症の施術も行っています。
ムチウチや手足のしびれ、腰痛、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気など、例え軽い症状でも 気になる方はご相談ください。
交通事故は治療が長引く傾向が強く、また、数日後~数ヵ月後に症状が出ることも あります。
後遺症が残らないためにも、痛みなどの症状を感じたら早めの治療をお勧めします。
ご不明な点がございましたら、お問合せページからメールをいただくか、03-5698-3170 までお電話ください。